71ホーム > 福祉用具・介護用品 > 住宅改修

住宅改修

介護保険制度により、要介護等状態区分(要支援1~2、要介護1~5)に応じた内容で、 対象となる高次費用が、被保険者1人につき20万円を限度として、要した費用の9割が支給されます。
(原則として、一生涯で20万の工事費用が対象となります。

但し、以下の場合は既に全額支給されていても再度支給される場合があります。
1.被保険者の要介護等状態区分が、著しく高くなった場合
(初めて住宅改修費が支給された住宅改修の着工日と比べて、要介護等状態区分が3段階以上あがった場合)
2.被保険者が転居した場合場合
(詳細はお住まいの各市町村、または、弊社各営業所までお問い合わせください)

住宅改修

自宅内の行動範囲を広げ、 動きやすく安心して暮らせるように障壁(バリア)を解消し、介助する方の負担も軽減します。

浴室に手すりを追加し、立ち座りをサポート

改修前

立ち座りをする際、手で掴まる場所がありませんでした。

改修後

手すりを追加したことで、バランスをとりやすくなり、安心して入浴する事ができます。

リフォームのポイント

浴槽の脇に手すりを追加するだけで入浴の不安を解消できます。

玄関の段差を解消し、外出が気軽にできるように

改修前

段差も高く、靴を履くことや上り下りも一苦労でした。

改修後

床を拡張することで玄関を広く使え、さらに踏み台を追加したことで上り下りも楽に。

リフォームのポイント

踏み台を追加し段差を解消するだけでなく、床を拡張することで玄関をゆったりと使うことができます。

玄関先に手すりとスロープを追加し、車いすの移動もスムーズに

改修前

石の階段のみで車いすの利用ができませんでした。

改修後

新たに手すりとスロープを追加し歩行の支援と、車いすの移動をスムーズに行えます。

リフォームのポイント

利用者様の状況に応じてスロープの追加や、手すりを設置し移動をサポートすることができます。