介護保険のご案内

介護保険制度について

40歳以上の国民(被保険者)が納める保険料と税金で運営されており、その運営主体は市町村です。40歳以上の国民(被保険者)が 介護が必要な状態になった時、所得に応じた利用者負担で介護保険サービスを利用できる制度です。

65歳以上の方
(第1号被保険者)
全ての方に介護保険証が交付されます。
寝たきりや認知症などで常に介護を必要とする状態(要介護状態)や、常時介護までは必要としないが 家事や身支度など日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)の方で、介護や支援が必要と認定された場合に介護保険サービスを利用できます。
40歳以上65歳未満の
医療保険に加入している方
(第2号被保険者)
要介護、要支援の認定を受けた方に保険証が交付されます。
老化が原因とされる16種類の病気(特定疾病)により要介護状態や要支援状態になった方で、 介護や支援が必要と認定された場合に介護保険サービスを利用できます。
特定疾病(16種類)
  1. 筋委縮性側索硬化症(ALS)
  2. 後縦靱帯骨化症(OPLL)
  3. 骨折を伴う骨粗鬆症
  4. 多系統萎縮症
  5. 初老期における認知症
  6. 脊髄小脳変性症
  7. 脊柱管狭窄症
  8. 早老症
  9. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症、及び糖尿病性網膜症
  10. 脳血管疾患
  11. パーキンソン病関連疾患
  12. 閉塞性動脈硬化症(ASO)
  13. 関節リウマチ
  14. 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
  15. 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
  16. 末期がん

利用手続きとサービスの内容

福祉用具貸与(レンタル)サービス

支給限度額内でレンタル料金を所得に応じた利用者負担額でご利用いただけます。

車いす
車いす

自走用車いす、普通型電動車いす又は介助用標準車いすに限る

車いす付属品
車いす付属品

クッション、電動補助装置等であって、車いすと一体的に使用されるものに限る

特殊寝台
特殊寝台

サイドレールが取り付けてあるもの又は取り付けることが可能なも のであって、次に掲げる機能のいずれかを有するもの 1、 背部又は脚部の傾斜角度が調整できる機能 2、 床板の高さが無段階に調整できる機能

特殊寝台付属品
特殊寝台付属品

マットレス、サイドレール等であって、特殊寝台と一体的に使用さ れるものに限る

床ずれ防止用具
床ずれ防止用具

次のいずれかに該当するものに限る 1、 送風装置又は空気圧調整装置を備えた空気マット 2、 水等によって減圧による体圧分散効果を持つ全身用のマット

体位変換器
体位変換器

空気パッド等を身体の下に挿入することにより、居宅要介護者等の 体位を容易に変換できる機能を有するものに限り、体位保持のみを 目的とするものを除く

手すり
手すり

取付けに際し工事を伴わないものに限る

スロープ
スロープ

段差解消のためのものであって、取付けに際し工事を伴わないもの に限る

歩行器
歩行器

歩行が困難な者の歩行機能を補う機能を有し、移動時に体重を支え る構造を有するものであって、次のいずれかに該当するものに限る 1、車輪を有するものにあっては、体の前及び左右を囲む把手等を 有するもの 2、四脚を有するものにあっては、上肢で保持して移動させること が可能なもの

歩行補助つえ
歩行補助つえ

松葉つえ、カナディアン・クラッチ、ロフストランド・クラッチ、 プラットホーム・クラッチ及び多点杖に限る

認知症老人徘徊感知機器
認知症老人徘徊感知機器

介護保険法第7条第15項に規定する認知症である老人が屋外へ出 ようとした時等、センサーにより感知し、家族、隣人等へ通報する もの

移動用リフト
移動用リフト

床走行式、固定式又は据置式であり、かつ、身体をつり上げ又は体 重を支える構造を有するものであって、その構造により、自力での 移動が困難な者の移動を補助する機能を有するもの(取付けに住宅 の改修を伴うものを除く)

自動排泄処理装置
自動排泄処理装置

次の要件をすべて満たすもの 1、 尿又は便が自動的に吸引されるもの 2、尿と便の経路となる部分を分割することが可能な構造を有する もの 3、要介護者又はその介護を行う者が容易に使用できるもの

※介護度によって所得に応じた利用者負担でのご利用が出来ない種目もあります。

※所得に応じた利用者負担でのご利用が出来ない介護度でも例外的にご利用可能な場合があります。

特定福祉用具購入サービス

年間10万円を上限として所得に応じた利用者負担額で購入いただけます。

腰掛便座
腰掛便座

和式便器の上に置いて腰掛式に変換するもの 洋式便器の上に置いて高さを補うもの 電動式又はスプリング式で便座から立ち上がる際に補助できる機能を有しているもの ポータブルトイレ

自動排泄処理装置の交換可能部品
自動排泄処理装置の交換可能部品

レシーバー、チューブ、タンク等のうち、尿や便の経路となる部分を分割することが可能な構 造を有するものであって、居宅要介護者又はその介護を行う者が容易に交換できるもの

入浴補助用具
入浴補助用具

座位保持、浴槽の出入り等の入浴に際しての補助の目的とする用具であって、次のいずれかに 該当するもの ・入浴用いす・浴槽内いす・浴槽用手すり・入浴台 ・浴室内すのこ・浴槽内すのこ・入浴用介助ベルト

簡易浴槽
簡易浴槽

空気又は折りたたみ式等で容易に移動できるものであって、取水又は排水のための工事を伴わ ないもの

移動用リフトのつり具の部分
移動用リフトのつり具の部分

身体に適合するもので、移動用リフトに連結可能なもの

※都道府県から指定を受けた事業者からの購入でないと対象になりません。

※原則として償還払いですが受領委任払いが可能な市町村もあります。

住宅改修費支給サービス

20万円を上限として所得に応じた利用者負担額で工事が可能です。

住宅改修例
  1. 手すりの取り付け
  2. 段差の解消
  3. 滑りの防止及び移動の円滑化等の為の床又は通路面の材料の変更
  4. 引き戸等への扉の取替え
  5. 洋式便器等への便器の取替え
  6. その他、前各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

事前申請が必要です。

給付は原則1回ですが、転居や介護度が3段階以上、上がった場合は再度利用可能です。

原則として償還払いですが受領委任払いが可能な市町村もあります。